ピーリング石鹸の口コミ【お肌に合った選び方】主要30社の製品解説

更新:

ピーリング石鹸を使用した後の肌を確かめる女性

ピーリング石鹸の正しい選び方や使い方についての正しい知識もお届けします。また、当サイト内にはピーリング石鹸メーカー30社の製品を口コミとともに辛口解説しております。


[目次]

なぜピーリング石鹸がスキンケアに必要なのか?

ピーリング石鹸を使うかどうか考えている女性

肌状態について悩みを抱えている人の多くは、「肌にいいスキンケア用品を使う」などというケアばかりに目が行きがちなのですが、それだけでは肌状態は思ったように改善しません。

ではどうすればいいのかというと・・・実は、スキンケア用品を肌につける前におこなう「洗顔」にこだわることが、非常に重要だという認識を持つことです。


洗顔のやり方次第で「お肌の状態」は大違い

洗顔というのは、ひと言でいうと「スキンケアの前の、肌の土台作り」なのです。

洗顔の段階で古い角質がきちんと落とせなければ、以下のような問題が起こってしまいます。

  • 肌がくすんで見える
  • ターンオーバーの遅れによる肌乾燥や肌荒れが起きやすくなる
  • スキンケア成分の浸透性が低下する

洗顔の段階で、古い角質などのジャマ者をスッキリ落としたクリアな肌状態にすることこそが、肌状態を良くする大きな第一歩になるわけです。

ピーリング石鹸で自然な形で古い角質を落とす

かと言って、クレンジングや洗顔で「汚れを落とすためにゴシゴシこする」などということをしてしまっては、肌が傷んでしまいますよね。

ゴシゴシ無理にこすったりせず、自然な形で無理なく古い角質を落とすためには、「マイルドなピーリング成分」の入ったピーリング石鹸を使うのがおすすめです。

参考:ピーリング石鹸の使い方

ピーリング石鹸【お肌に合った】正しい選び方とは?

洗顔後のたまご肌の女性

さて、ここまで話を聞いて「ピーリング石鹸をうまく選べばいい、ということは分かったけど、自分にとってどんな商品がいいのかが分からない!」と思う人もいるでしょう。

では、避けるべきピーリング成分は何か、おすすめのピーリング成分は何か等、必要なすべての情報をご紹介しますので、あなたのお肌に一番適したピーリング石鹸・洗顔料を見つけて、プルプルお肌を目指していきましょう!


ピーリングのための洗顔料はどんなタイプを選ぶべき?

ピーリング機能を持った洗顔料は、石鹸タイプ・洗顔フォームタイプ・粉末タイプなどがありますが、その中で、どのタイプを選ぶのが一番おすすめなのでしょうか?ここでその疑問を解決しましょう!

ズバリ、石鹸タイプの「ピーリング石鹸」がおすすめ!

ピーリング洗顔のために、どんなタイプの洗顔料が一番おすすめなのか、その答えは石鹸タイプのピーリング石鹸です。

なぜ、ピーリング石鹸がおすすめなのかというと、これはまず「洗顔フォームタイプに比べると、添加物などの成分リスクが低いものが多い」というのが挙げられます。

洗顔フォームにはリスクを持つものもある

まず、洗顔フォームというのは、洗浄成分として強力な合成界面活性剤を配合しているものが多いんですよ。中には、ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムなど、たんぱく質変性リスクを持つ、危険性の高い合成界面活性剤を使用しているケースさえあります。

また、水分の多さから、「品質維持・保存」の面でも石鹸タイプよりも弱点があるため、パラベンなどの保存料が添加されているものが多いというのも、洗顔フォームタイプのデメリットと言えるでしょう。

ピーリング石鹸は安心できるものが多い

これに対してピーリング石鹸は、「石けん素地」という、大昔から使い続けられている洗浄成分を使っており、さらに「パラベンどころか、パラベンよりも安全性が高い保存料であるフェノキシエタノールでさえ不使用」というものも少なくないので、安心できるものを探しやすいのが大きなメリットです。

パウダータイプはどうなの?

というわけで、洗顔フォームタイプと石鹸タイプを比べると「成分の安心の面において、石鹸タイプのほうがすぐれているケースが多い」ということになりますが、粉末タイプはどうなのかというと・・・成分の安心面においては、石けんタイプに負けないレベルのものも多いです。

しかし、パウダータイプは管理や使い方の点ではちょっと不利。

「容器を浴室に入れたままにしていると、たとえ浴室の換気をしていても、湿気を吸ってダマになる」「泡立てにくい」「パウダーを手のひらに振り入れた時に、ドバッと出てきたりして困ることもある」などといった不便を感じている人も多いんですよ。

また、ハッキリ言えばパウダータイプは石けんタイプや洗顔フォームタイプと比べると不人気なので、商品の選択肢の幅が非常に狭い、というデメリットもあります。

ピーリング石鹸を選ぶ際の「避けるべきピーリング成分」とは?

お肌のチェックをする女性

「ピーリング石鹸」と言っても、その洗顔料に含まれるピーリング成分はさまざま。

残念なことながら、数あるピーリング石鹸の中には、「肌のことを考えれば、なるべく使わないほうがいいピーリング成分」を配合しているものも存在します。


強すぎるピーリング成分はアウト!

ピーリング洗顔をするにあたって、もっとも注意しなければいけないのは「強力すぎるピーリング成分は使わないようにする」ということです。

なぜなら、ピーリング洗顔というのは、他のピーリング手段に比べると、頻度が多いからです。

エステや美容外科・美容皮膚科でのケミカルピーリングの場合、頻度は2〜3週間に1回、というのが一般的。ホームピーリングキットを使用する場合でも、頻度は1〜2週間に1回程度となるものがほとんどでしょう。

こうした手段でのピーリングは「頻度が少ないからこそ、1回のピーリングで、古い角質だけでなく、古くない角質であっても、ある程度溶かしたり削ったりしておく」という趣旨で、強めのピーリング成分が使われます。

しかし、ピーリング洗顔の場合、週1〜3回、モノによってはそれ以上の頻度でおこないますから、「あくまで古い角質だけを落とす程度の、マイルドなピーリング成分であること」が必須なのです。

他のピーリング手段のような強い成分を使っていては、「じわじわと必要な角質が溶かされ、削られる」という感じで肌ダメージが蓄積してしまうんですよ。

こんなピーリング成分は避けよう!

では具体的に、どんなピーリング成分がダメなのかというと、ズバリ「BHA(ベータヒドロキシ酸・サリチル酸)」および「スクラブ」です。

BHA

まず、BHAの何がダメかというと「角質を溶かす作用が強すぎる」ということが挙げられます。エステや美容外科・美容皮膚科でのケミカルピーリングにはこれが使われますが、その後は必ず入念な肌ケアや、紫外線などを避けることを指導されるはずです。

つまりそれほどに、古い角質と一緒に必要な角質まで溶かしてしまうリスクが高い、というわけなんです。こんなものを、高い頻度で使用するわけにはいきません。

スクラブ

次にスクラブについてですが、これは「スクラブによる摩擦の刺激が、角質層のあちこちにキズをつけてしまう」というのが挙げられます。

そもそも、「スクラブで、まんべんなく古い角質を削る」ということ自体が困難で、実際は「必要以上に削れてしまう部分と、古い角質すらちゃんと削れてない部分が出てしまう」ということが多いですよ。

ピーリング石鹸「主要30社」の口コミ・製品解説一覧

[目次]に戻る