南都物産ノニアタック(琉球ハブエキス配合)携帯に便利な飲み切りサイズ

更新:

南都物産ノニアタック(琉球ハブエキス配合

ノニジュースと言えば、500ml・900ml・1000mlなどといったサイズのビン・ボトルに入っているものが圧倒的に多いですが、そんな中、珍しい「スタミナドリンクのような飲み切りサイズ」のノニジュースとして注目されているのが、南都物産ノニアタック(琉球ハブエキス配合)です。


スタミナドリンクのように持ち運びが便利

ノニアタック(琉球ハブエキス配合)は、1本が50mlというスタミナドリンクサイズですから、大きなビン・ボトル使用のノニジュースと比べると、圧倒的に持ち運びしやすいのが最大のメリットです。

持ち運び便利なノニ商品と言えばノニサプリもありますが、ノニサプリはカプセル内に入れられるノニ濃縮エキスやノニ粉末の量に限界があるため、ジュースと比べると、どうしてもノニ摂取量が少なくなってしまうという大きなデメリットがあります。

その点、スタミナドリンクサイズのノニアタック(琉球ハブエキス配合)なら、サプリよりもしっかりとした量のノニが摂れる、というわけですね。

とは言え、ノニアタック(琉球ハブエキス配合)はノニ果汁100%というわけではなく、味を調えるための果糖ブドウ糖液糖やパイナップル果汁、さらに米酢、琉球ハブエキスなども配合されています。

こうした多成分の配合は、まさに「スタミナドリンクのように飲む」ということを意識して作られていると言えますから、「ノニパワー&スタミナドリンクのようなサポートパワー」を期待している人に向いていると言えるでしょう。

ただし、添加物として香料が使われているので、その点は注意しておきましょう。

また、ノニ発酵果汁の次に多く使われている原材料が果糖ブドウ糖液糖なので、糖分も気になるところです。

持ち運び便利な分、価格は高め?

ノニアタック(琉球ハブエキス配合)50mlの価格は、税込み377円となっており、初回限定特価や、お得な定期コースなどは今のところありません。

1ヶ月当たりのコストは1万円以上にもなるため、「パイナップル果汁など、ノニ以外の成分が使用され、ノニ100%ジュースよりも薄められている」ということを考えると、価格は高めであると言わざるを得ません。

>> 「ノニとは・基礎知識からトリビアまで」に戻る