安藤通商「沖縄県産ノニ」貴重な沖縄県産ノニだけを使用

更新:

安藤通商「沖縄県産ノニ」

ノニジュースの原材料となるノニの原産地と言えば、クックアイランド・サモア・タヒチ・インドネシア・ハワイ・パラオなど「南の国」が有名ですが、実は日本の沖縄県にも、ノニは存在します。

そんな貴重な沖縄県産ノニだけを使用したのが、安藤通商沖縄 沖縄県産ノニです。


沖縄県産ノニの果実と葉を使用

安藤通商沖縄 沖縄県産ノニは、沖縄県産のノニ(和名:ヤエヤマアオキ)の果実と葉だけを使った、100%のノニジュース。

国産ノニは海外産のノニと比べて生産量が少ないため、かなり貴重な存在と言えます。

「やっぱり、原材料に対する信頼度を考えたら、国産にこだわりたい」という人にとって、有力な選択肢のひとつと言えるでしょう。

ただし、この安藤通商沖縄 沖縄県産ノニは、原材料にノニ果実だけでなく葉も使っているというのが、少し気になるポイント。

ノニの栄養価や健康・美容作用が各界で高く評価されているのは、あくまでノニ果実に対してのもので、葉は評価対象外なんですよ。

ですから、安藤通商沖縄 沖縄県産ノニは、確かにノニ100%使用のノニジュースではあるものの、「ノニ果実だけを使った100%ノニジュース」とはちょっと違う、ということですね。

乱暴な言い方をしてしまうと「安藤通商沖縄 沖縄県産ノニは、せっかくの貴重な国内産ノニ果実の成分を、葉の成分で薄めてしまっている」という状態なのです。

国産ノニ100%としてはリーズナブル

安藤通商沖縄 沖縄県産ノニの通常価格は、900ml(1日30〜90ml)入りで税込み4104円ですが、ネットショップなどでの実売価格は税込2500円前後となっています。

海外産のノニを使ったジュースでも、これより高いものがたくさんありますから、国産ノニ100%のジュースとしては、コスト的にはかなり優等生と言えるでしょう。

ただし、前述のとおり「ノニ果実成分100%ではない、葉も混じったノニジュースである」という点は理解しておくことが大切です。

販売元:

>> 「ノニとは・基礎知識からトリビアまで」に戻る