カメリナオイル【常温保存や加熱調理もOK】オメガ3系のスーパーオイル

更新:

カメリナオイル

魚をよく食していた頃の昔の日本人は、その魚から「オメガ3」という、体にいい脂肪酸を自然と摂取できていました。しかし今は魚の消費量が激減し、「昔に比べて、いい油の摂取量が減り、悪い油の割合が増えている」という状況。

美容や健康の問題を解決するためには、むやみやたらに油の摂取量を減らすのではなく、「悪い油を減らし、その分、いい油を積極的に摂取する」ということが、非常に大切になってくるのです。

健康にいい油として、近年では、えごま油や亜麻仁油などが「体にいいオメガ3がたっぷり」ということで脚光を浴びていますが、それらをさらに上回るメリットを持つ油をご存知ですか?それが「カメリナオイル」です。

えごま油や亜麻仁油と同様に、オメガ3系の脂肪酸をたっぷりと含みながら、これまでのオメガ3系含有油にありがちだったデメリット・弱点をほとんどクリアできているという強みを持つ、スーパーオイルなのです。

カメリナオイルってどんなオイル?

サラダを持つ女性

カメリナオイルとは、何から摂れる、どんなオイルなのでしょうか? まずはそれについてご説明しましょう!


カメリナオイルが注目されるようになった経過

さて、なぜカメリナオイルが、美容・健康オイルとして注目されるようになったのかというと、そのきっかけは意外なところにあります。

実は、カメリナオイルの原料であるカメリナサティバの種子は、かつてはカナダや欧米等で小鳥のエサとして使われていたのです。

そんな時代が続く中で、「この種子を食べた小鳥の羽毛の状態が、総じてツヤツヤで良い状態に仕上がる」という事実が見えてきました。

そして、「これは美容に効果があるのでは?」と考えられるようになり、本格的な研究が始まりました。その結果、「カメリナオイルの成分は、人間の美容にも大いに役立つ」ということが分かってきた、というわけです。

日本では今のところ、ごく最近になってカメリナオイルの輸入販売が始まったばかりですので、「美容や健康に詳しい人だけが知っている、まだまだマイナーなオイル」という位置づけですが、カナダや欧米などではすでに、カメリナオイルのさまざまなメリットが広く知られています。

カメリナオイルの色が、金色に近い黄色系であることから、セレブの間で「gold of pleasure(喜びの金)」などと呼ばれて、高い人気を得ていますよ。

カメリナオイルの原料

アマナズナ

カメリナオイルの原料は、アブラナ科のカメリナサティバ(和名:アマナズナ)という植物の種子。この種子をしぼって、油分を抽出したものがカメリナオイルとなります。

カメリーナ油・アマナズナ種子油などとも呼ばれていますよ。

ちなみに、カメリナサティバの和名である「アマナズナ」という名を聞くと、最近、健康オイルとして注目が高まっている亜麻仁油(アマニユ)の仲間なのかと思われるかもしれませんが、亜麻仁油の原料である亜麻は、アマ科の植物なので、植物の分類上は、まったくの別物と言えます。

カメリナオイルの成分内容は?

美容と健康に嬉しい作用がある、ということで欧米セレブの間で大人気のカメリナオイルですが、具体的に、どんな成分内容となっているのでしょうか?

ではさっそく、カメリナオイルの成分内容を見てみましょう。

まず、脂肪酸の構成については、

  • α-リノレン酸(オメガ3系):35〜42%
  • リノール酸(オメガ6系):16〜25%
  • オレイン酸(オメガ9系):12〜27%
  • ガドレイン酸:9〜17%
  • パルミチン酸:3〜8%
  • ステアリン酸:2〜3%

という感じになっています。

脂肪酸以外の成分としては、ビタミンE・β-カロテン・ポリフェノール・植物ステロールなどといった天然抗酸化成分も含まれていますよ。

カメリナオイルの成分は、ここがすごい!

女性

というわけでカメリナオイルの成分内容を挙げてみましたが「これを見るだけじゃ、何がすごいのか分からない」と思われるかもしれませんね。

さて、何がすごいのかというと、カメリナオイルは、脂肪酸のバランスが非常にすぐれているのです。

カメリナオイルに含まれる脂肪酸のうち、α-リノレン酸・リノール酸・オレイン酸は、常温で固まりにくく、体脂肪として蓄積されにくいというメリットを持つ「不飽和脂肪酸」に分類されます。この不飽和脂肪酸が、カメリナオイルの全脂肪酸の7〜9割を占めているんですよ。

さらに、不飽和脂肪酸のうち、オメガ3系とオメガ6系は、人間が体内で合成することができない「必須脂肪酸」に分類されますが、カメリナオイルはこの必須脂肪酸の割合がとても多いのです。

ちなみに必須脂肪酸のうち、オメガ6系については、ベニバナ油・コーン油・ひまわり油・大豆油・サラダ油など、日本人がよく調理に使う油にも豊富に含まれているので不足することはまずありません。

ですが、オメガ3系は、えごま油や亜麻仁油など、ごく限られた種類の油以外にはほとんど含まれていないので、ほとんどの日本人は圧倒的なオメガ3系不足という状況でした。

オメガ3系と6系をバランス良く含んでいるカメリナオイルが日本にもやってきたことによって、「これを調理等に使えば、両方の必須脂肪酸がバランスよく摂れる」という理想的な状況が作りやすくなった、というわけなのです。