脚太りの原因【5つのタイプ別】細くする方法

更新:

体重を量る

脚太りの原因にはタイプが色々あり、脚が脂肪のために太いのか、むくみのためか筋肉のためか等、5種類の原因のどれかをはっきりさせてから対策方法を考えるという手順が大事です。


脚太りの原因を解消して、脚を細くしよう!

脚やせに成功した女性

脚太りの原因が分からないために、「身体はやせたけど、顔だけやせない…」とか「脚だけは細くならない…」と悩んでいる方が、あなたのまわりにもいらっしゃいませんか?

ダイエット方法は色々ありますが、脚痩せにいいというものは、意外とありません。しかし脚太りの原因を解消して、脚を細くすることは可能なのです!


脚太りの原因とダイエットの原則

ダイエットをしても脚は細くなりにくいものなのでしょうか。きつすぎずゆるすぎない有酸素運動でカロリーを使いながら、バランスの取れた規則正しい食事でカロリーを摂取することがダイエットの原則です。

しかし脚痩せの場合は方法が異なるようです。体重を落とす目的のダイエットと脚痩せの方法とでは、全く違うダイエットであると認識する必要があります。

脚太りの原因を特定したダイエットの考え方

エクササイズ

脚痩せダイエットでは、脚が脂肪が原因で太いのか、むくみが原因か筋肉のためか、はっきりさせてから対策方法を考えるという手順が大事です。

むくみが取れずに脚が太く見えるという人は、塩分の過剰摂取や運動不足、冷え性ではないか考えてみてください。


また、女性の約70%は水太りの効果によって脚が太く見えていると言われています。

むくみによる水太りで脚が太いという場合、常時むくみっぱなしで押してもすぐに元通りにはなりません。脚に脂肪が蓄積されているために太く見える方も多く、この場合は皮下脂肪を指2本でつまんで確認できます。

脂肪太りによって脚が太く見えるという方は、太ももまわりについた脂肪でひざがわかりにくい傾向があります。効率的な脚痩せをするためには、最初の方法決定が重要です。

セルライトのために脚が太く見えるのか、むくみや脂肪のためなのか、筋肉のためかによって解決方法は変わってくるのです。

脚太りの原因は5タイプに分かれる

脚を組む女性

脚痩せが簡単でない理由は明確です。脚太りの原因にはタイプが色々あって、自分がどのタイプなのかを認識し脚やせをタイプ別に実践することが必要だからです。

では脚太りの原因タイプ別に脚やせ法を紹介しましょう。


水太りのために脚が太く見えるタイプ

水太りのために脚が太く見えるのなら、血流を促進することで脚痩せが可能です。血行不良の改善に効果的な脚痩せの方法として、ストレッチやデトックス効果もある半身浴などがお勧めです。あるいは、リンパマッサージを風呂で行う習慣をつけるといいでしょう。

加熱した温野菜やホットドリンクで体を内部から温める習慣を持つことで、体を冷やす機会が減って脚痩せにいいかもしれません。

オーバーカロリータイプ

油ものやアルコール、糖分などを取り入れる機会が多くオーバーカロリー気味な方は脂肪による脚太りになることが多いので、食べ過ぎや飲み過ぎをしないようにしてください。

脂肪太りタイプ

また、脂肪太りの脚痩せに有効な方法としては、脂肪がよく燃えるような脚をよく使うスクワットやマッサージもいいでしょう。

筋肉タイプ

筋肉によって脚が太いという方は、脚痩せのストレッチやマッサージで筋肉がこれ以上ごつくならないようにする必要があります。

セルライトタイプ

セルライトと呼ばれる物質が脚に蓄積されたために太く見える場合もありますが、むくみ解消によってまず脂肪細胞のサイズダウンをはかります。自己流の処置ではセルライト対策は困難ですので、運動やストレッチやリンパマッサージなどでセルライト除去にに励む一方、プロの施術も考えていいかもしれません。

脚痩せ方法として、エステを活用するというやり方もあります。エステではマッサージでのセルライト除去コースなども存在しています。

脚痩せには即効性の方法はあまり無く、毎日の積み重ねが重要だとされています。自分の脚太りのタイプを知り、無理のない脚痩せ方法を実現しましょう。