揺れる乙女?心「攻めるアンチエンジング」と「できる範囲のアンチエンジング」で悩む

運動する女性

この年齢からのアンチエイジングは、ふた通りあると思うんです。

ひとつは、美容外科やエステに行って、「攻めるアンチエンジング」をする方法。お金をかけ、点滴や注射・手術などを駆使して若返るのです。

女優さんや美魔女と呼ばれる人たちは、ほぼこのカテゴリー。その効果は絶大で、○○姉妹のような年齢不詳な美肌が実現します。


できる範囲で努力!

もう一方は、食べ物や運動などに気を付け、「できる範囲で努力をする」というもの。

若返るというよりは、加齢のスピードを遅くする程度が限界。美白化粧品などを使うとお金はかかりますが、たかが知れています。

シミやシワも薄くはなりますが、なくなることはありません。ほうれい線などもメイクで少し薄くするくらいが精いっぱい。

やはり最終的には何でもお金なのかなって思ってしまいますね。お金をかければかけるだけ、細胞が若返って、若見えする。

私も、できるならプラセンタ注射もしてみたいし、涙袋も形成してみたい。 だけど現実がそうさせてはくれません。

だから、ウオーキングをし、高脂肪の食べ物を避け、ほうれい線体操をしているのです。加齢は自然なことで、抗うものではないと、頭のどこかではわかっているんですけどね。

心揺れながら、また一歩、大人の階段を上っていくのですね。

カテゴリー

beauty

mens

eat

diary