レチノールと一緒に欲しい保湿成分

更新:

肌のお手入れをする女性

レチノール配合のスキンケア用品を買う際に、ぜひとも心がけてほしいことがあります。

それは・・・「保湿成分もきちんと入っているかどうかをチェックすること」です。


「レチノールがあれば保湿成分はいらない」説は本当?

「スキンケア用品には、レチノールだけではなく保湿成分も必要」と聞くと、それは矛盾しているんじゃないか、と思う人も居るかもしれません。

確かに、レチノールは、肌を健康にして肌そのものに保水力を持たせるのに、大いに役立ってくれる成分であることは事実。

ですが実は、「レチノール配合スキンケア用品の使い始め」には、意外な落とし穴があるんですよ。

レチノール「使い始め」の意外な落とし穴とは?

レチノールによる肌のターンオーバーの促進が始まると、古い角質がはがれて新しい角質が生まれるのですが、この際に、「一時的に角質が薄くなって乾燥しやすくなる」という状態になるケースが多いのです。

生まれたてのやわらかい角質が、適度な硬さとバリア力を持つようになるには、多少の日数がかかりますからね。

実際に「レチノール配合のスキンケア用品を使ったら、最初は肌が以前よりも乾燥した状態になった」という人は少なくありません。

この一時的な乾燥をカバーするために、保湿成分が必要になってくるわけですね。

ちなみに、レチノール配合のスキンケア用品を使用し続けてターンオーバーが正常化して落ち着けば、十分に成熟した健康的な角質と、生まれ変わる角質のバランスも自然と取れてくるので、「レチノールによる肌乾燥がずっと続く」などという心配もなくなりますよ。

>> 高濃度レチノールクリームを海外から購入する方法と注意点