レチノールクリーム(化粧品)/アマゾン・楽天など通販での簡単な購入法と海外製品を個人輸入の際の注意点

更新:

個人輸入を試みる女性

実際にレチノール含有クリームを使った経験のある筆者による、購入法アマゾン・楽天など通販での簡単な購入法と、海外製品を個人輸入する際の注意点などを記しました。


[目次]

含有量0.05%以上のレチノールクリームを通販で購入する方法と注意点

化粧品として市販されているレチノールクリームに効果がないことは後述しますが、あくまでもレチノール本来の効果は期待できないということで、保湿効果など化粧品としてお肌を整えるものとして否定するつもりはありません。

しかしこのページをご覧の方々は、本格的な「レチノール」についての情報をお探しのことと思いますので、ここではある程度含有量の高いレチノールクリームの入手方法についてご紹介します。

通販サイトの買い物と同じ感覚で個人輸入

日本国内では認可されていない、薬品としてのレチノールクリームも海外(主に米国)では同じ内容のものが市販されております。

個人輸入とはいっても以前とは違い、ネット通販という形で購入できます。楽天なら通常と同じ購入方法で個人輸入が可能なショップがあります。

日本語で記載された販売サイトで日本人スタッフが対応しているケースもあって、国内の通販サイトで買い物をするのと全く同じ感覚です。

違うのは海外から送られてくるということだけで、届くまでの日数が若干かかる程度で、送料は思ったほどかかりません。

レチノールクリームの個人輸入で注意するべきこと

個人輸入だとレチノールの含有量は0.05%〜0.1%のものが手に入り、それらの美容クリニックなどの約半額、診察料も含めるとそれ以下の費用で入手することができますが、医師の診察がない分、注意が必要です。

レチノールは塗ってすぐに効き目がでてこないで数日後から皮膚が赤くなって表皮が抜けてくるパターンがほとんどです。

効き目には個人差があることと、私の経験から、部位によっては(特に皮膚の柔らかい部分)効きすぎて皮膚がごわごわすることもあります。

なので、初めは0.05%くらいのもの使うのが理想ですが、0.1%のものを使用する際は、少量を塗りこむこと。早く結果を実感したいからといきなり多く塗りこむのは危険です。

もちろん塗る「頻度」も初めは慎重に。そしてもしお肌に異常を感じたら、皮膚科などの専門医に相談するべきです。

要確認 - レチノールの濃度・含有量の記載について

通販などでたくさんのレチノール製品をご覧になると思いますが、事前に理解しておくべきことがあります。それは、レチノールの濃度です。これはレチノールそのものの含有量を製品の容量で割ったものです。

仮に製品の容量が1.7オンス(48.2g)で、含まれるレチノールが0.05gだとすると、濃度は約0.1%となります。

しかし原液系の商品(特にアメリカ製)にはよく濃度1%という表記がトレンドのように表示されておりますが、「レチノール(トレチノイン酸)」の含有量ではなく、「レチノール配合原液」の濃度です。(1オンス=28.35gで計算)

レビューなどで使用量や頻度と皮のむけ具合を総合的に確認しましたが、美容クリニックなどで院内調合されるレチノールクリームの0.05〜0.1%の範囲のものに相当しているように思われます。

また、ほぼこれらと同じ濃度であっても、国内の原液系製品だと3%と記載しているものもありますので、初めて購入した場合は、あくまでも「極少量、頻度少な目」から様子を見るようにしたほうがいいと思います。

[目次]に戻る

レチノールクリーム「パッチテスト」の方法

失敗した女性

レチノール配合のスキンケア用品をはじめて使う前に、絶対にやっておくべきことと言えば「パッチテスト」です。

「これまで、いろんなスキンケア用品をパッチテストなしで使ってきたけど、肌トラブルなんて起こったことがないから大丈夫」と、パッチテストを省略したがる人も居るでしょうが、レチノール配合スキンケア用品を使うにあたっては、このプロセスを省略するのは絶対にダメです。

なぜならレチノールは肌刺激が強い成分ですので、「他のスキンケア成分に比べると、肌トラブルを招くリスクが高い」と言わざるを得ないからです。

ですから、たとえどんな肌質の人であっても、安全性を確認するため、パッチテストをしておくことは必須なのです。

パッチテストのやり方

では、レチノール配合スキンケア用品のパッチテストはどうやればいいのかというと・・・

まずは、一般的なスキンケア用品のパッチテストと同様に、「二の腕など、目立たないところにつけて24時間以上様子を見る」というのが基本ですが、これで終わらせてはいけません。

なぜなら・・・レチノール配合スキンケア用品を使った人の中には、「パッチテストでは問題がなかったのに、いざ顔に使うと肌がヒリヒリした」などという状態になった人も居るからなんですよ。

二の腕でのパッチテストが終わったら、「首」「顔」の順で、パッチテストを繰り返してみて下さい。

もちろん、首や顔のパッチテストにおいても、24時間以上様子を見ることは必須です。

パッチテストでの確認項目

パッチテストをしたら、皮膚に以下のような症状がでていないかどうかをしっかり確認しておきましょう。

  • ヒリヒリとした痛みはないか。
  • 強いかゆみは出ていないか。
  • 皮膚に赤みの症状が出ていないか。

これらの3つの症状のうち、ひとつでも当てはまる症状が出た場合は、レチノール配合のスキンケア用品の使用には少し慎重になったほうがいいでしょう。

さらなるパッチテストを何度か繰り返し、「肌がレチノールに慣れて落ち着きそうかどうか」を見ていくことをおすすめします。

もちろん、「繰り返しパッチテストをしても、肌トラブルが起こり続ける」というような場合は、レチノール配合のスキンケア用品の使用をやめるのが正解です。

[目次]に戻る

レチノールと一緒に欲しい保湿成分

肌のお手入れをする女性

レチノール配合のスキンケア用品を買う際に、ぜひとも心がけてほしいことがあります。

それは・・・「保湿成分もきちんと入っているかどうかをチェックすること」です。


「レチノールがあれば保湿成分はいらない」説は本当?

「スキンケア用品には、レチノールだけではなく保湿成分も必要」と聞くと、それは矛盾しているんじゃないか、と思う人も居るかもしれません。

確かに、レチノールは、肌を健康にして肌そのものに保水力を持たせるのに、大いに役立ってくれる成分であることは事実。

ですが実は、「レチノール配合スキンケア用品の使い始め」には、意外な落とし穴があるんですよ。

「使い始め」の意外な落とし穴とは?

レチノールによる肌のターンオーバーの促進が始まると、古い角質がはがれて新しい角質が生まれるのですが、この際に、「一時的に角質が薄くなって乾燥しやすくなる」という状態になるケースが多いのです。

生まれたてのやわらかい角質が、適度な硬さとバリア力を持つようになるには、多少の日数がかかりますからね。

実際に「レチノール配合のスキンケア用品を使ったら、最初は肌が以前よりも乾燥した状態になった」という人は少なくありません。

この一時的な乾燥をカバーするために、保湿成分が必要になってくるわけですね。

ちなみに、レチノール配合のスキンケア用品を使用し続けてターンオーバーが正常化して落ち着けば、十分に成熟した健康的な角質と、生まれ変わる角質のバランスも自然と取れてくるので、「レチノールによる肌乾燥がずっと続く」などという心配もなくなりますよ。

[目次]に戻る