チェックしてみよう!あなたの肌はピーリング石鹸を使うべき肌?

更新:

お肌のチェックをする女性

ピーリングは、古い角質を落とすことで、くすみの改善・ターンオーバーの正常化・スキンケア成分の浸透性アップなど、さまざまな嬉しい効果が期待できますが、「すべての人がピーリング石鹸を使うべき」というわけではありません。

あなたの肌はピーリング石鹸を使うべき肌なのか?それをチェックしてみましょう!


ピーリング石鹸を使うべき肌はこんな肌!

ピーリング石鹸を使うべき肌の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 顔がくすんで見える
  • 肌の感触がカサカサ・ゴワゴワしている
  • 毛穴の開きや汚れが目立つ
  • ニキビができやすい
  • ハリ・ツヤ不足など、肌そのものが疲れているなと感じる
  • 鏡でよく見ると肌のキメが粗いのが分かる
  • 浸透性の高いスキンケア用品を使っているはずなのに、あまり浸透しない
  • 「ターンオーバーが乱れている、遅れている」という自覚がある
  • メイクののりが悪い

これらの項目にひとつでも当てはまったら、ピーリング石鹸を使ってみる価値ありです!

おそらく、ほとんどの女性が、いくつかの項目に該当することでしょう。こうして見ると、ピーリングというのは、かなり幅広い肌の悩みに対応できることが分かりますね。

あと、顔の肌とは違いますが「ひじやひざのくすみ、かかとの角質などが気になる」という人にも、ピーリング石鹸はおすすめです。たとえばピーリング洗顔をする場合、「洗顔で使った泡をひじ・ひざ・かかとにつけて再利用する」なんてこともできますよ。

ピーリング石鹸を使ってはいけない肌

というわけで、ピーリング石鹸はかなり幅広い肌の悩みに対応できると言えるのですが、中には「ピーリング石鹸を使ってはいけない肌」というのもあります。

  • 肌にかぶれ・ただれなどの症状が出ている
  • 敏感肌用の化粧水すらつけられないほど、肌が刺激に弱い
  • 普通に洗顔するだけでも顔がヒリヒリする

このような肌は、「角質そのものが不足している、超敏感肌」と言えます。ピーリング石鹸で古い角質を落とすことよりも、まずはじゅうぶんな睡眠や徹底した低刺激の保湿を続け、肌を外部刺激から守れるだけの角質層を作り上げることを優先すべきです。