ブルーライト【LED】によるニキビ対策を100%解説

更新:

ニキビ対策に有効なブルーライト(LED)の基礎知識から詳しい情報までをQ&Aを交えて徹底解説します。

LEDによるニキビからアンチエイジングまでの幅広い効果について

美容外科や皮膚科ではニキビの治療に、ブルーライトが使われております。ブルーライトとは波長400〜500nm(ナノメートル)の青色の光線で、皮膚に照射されると、ニキビの原因となるニキビ菌(アクネ桿菌-あくねかんきん-)を殺菌する治療器です。

ブルーライトはニキビ菌にのみ反応し人体(肌)に影響を及ぼしません。また、ブルーライトには紫外線が含まれておりませんので、日焼けはもちろん、シミやシワの原因となることもありません。
※ニキビ治療に使われるLEDタイプのブルーライトは、「ブルーライト紫外線殺菌灯」(300〜400nmの近紫外線を放射する蛍光体)とは別のものです。

なぜブルーライトはニキビに効果的なのか

医療用LEDは皮膚の深層部まで光エネルギーを到達させることができ、コラーゲンの生成と肌のターンオーバーの促進、そしてニキビ菌の殺菌などを行うことを目的に開発された治療器です。

赤、青、白と3つの波長があり、そのなかのブルーライトはニキビ菌を殺菌することができます。ブルーライトがニキビ菌を殺菌する仕組みは、ブルーライトのポルフィリンという物質に反応する特性を活かしたものです。ブルーライトを照射されるとニキビ菌が生成しているポルフィリンに反応し活性酸素が発生させますが、この活性酸素がニキビ菌を殺菌してくれるのです。

ニキビの原因であるニキビ菌を殺菌することに加え、皮脂腺の過剰な皮脂分泌を抑制し、毛穴を収縮させる作用もあります。これらの作用で、ニキビのできにくい肌へと生まれ変わります。

このニキビ菌の感染に対し、通常の治療ではベシカム、アンダーム等の消炎剤の外用、ミノマイシン、クラリス等の抗生物質の内服、またダラシンTゲル、アクアチム、ゲンタシン等の抗生物質の外用という処置がなされますが、これら従来の治療に比べブルーライトは刺激がないため敏感肌の方も安心して治療に専念できます。

ニブルーライト(LED)の基礎知識

ブルーライトはLEDの発光色の一つです。ここではLEDの基礎知識について記載します。LEDはlight emitting diodeの略で発光ダイオードといい、今では家庭でも省エネかつ長寿命な光源として、一気に普及しております。

LEDの基本構造

光を放射する本体は、中央のLEDチップです。電圧を印加するためにカソードリードのビンの上端に導電性ペースト等で固定されております。

さらに有効な光を放出するために、LEDチップは透明エポキシ樹脂のレンズに埋め込まれています。

LEDは、ガリウム(Ga)、アルミニウム(Al)、インジウム(In)、リン(P)、ヒ素(As)など複数の元素から作られた化合物半導体です。

LEDの特徴

@長寿命、A色は赤〜青色まで発光できる、B低消費電力、C自己発熱が少ない、D応答速度が速い、E駆動回路が簡単、F明るさ(光度)の調光が簡単などの特徴があります。

特に美容機器として考えた場合、レーザーに不可欠な冷却装置が不要なので、コンパクトかつ低コストで運用ができます。

また、青色(450nm)から赤色(700nm)までの可視光域で、例えばGa As P/Ga Pの組合せでは635nmの赤色光を発色する等、元素の組合せによりさまざまなピーク波長を発光できます。

LED参考サイト

カテゴリー

beauty

mens

eat

diary