脚やせダイエットのやり方【普通のダイエットとは全く違う】太もも・ふくらはぎ別に解説

更新:

ダイエットで体重を減らせたのに、脚だけはなんでやせないの?「脚やせ」は普通のダイエット法とは全く違うのです。太もも・ふくらはぎ別に細くする方法を解説します。

脚やせを通常のダイエット法と一緒にしない

脚やせに成功した女性

身体はやせたけど、顔だけやせない…、とか脚だけは細くならない…。そんな方って、あなたのまわりにもいらっしゃいませんか?ダイエット方法は色々ありますが、脚痩せにいいというものは、意外とありません。ダイエットで体重を減らせてはいるものの、脚痩せには反映されていないという話もかない多いようです。

ダイエットをしても脚は細くなりにくいものなのでしょうか。きつすぎずゆるすぎない有酸素運動でカロリーを使いながら、バランスの取れた規則正しい食事でカロリーを摂取することがダイエットの原則です。

しかし部分的な脚痩せ方法の場合は方法が異なるようです。体重を落とす目的のダイエットと脚痩せの方法とでは、全く違うダイエットであると認識する必要があります。

脚痩せダイエットの考え方

体重を量る

脚痩せダイエットでは、脚が脂肪のために太いのか、むくみのためか筋肉のためか、はっきりさせてから対策方法を考えるという手順が大事です。むくみが取れずに脚が太く見えるという人は、塩分の過剰摂取や運動不脚、冷え性ではないか考えてみてください。

また、女性の約70%は水太りの効果によって脚が太く見えていると言われています。むくみによる水太りで脚が太いという場合、常時むくみっぱなしで押してもすぐに元通りにはなりません。脚に脂肪が蓄積されているために太く見える方も多く、この場合は皮下脂肪を指2本でつまんで確認できます。

脂肪太りによって脚が太く見えるという方は、太ももまわりについた脂肪でひざがわかりにくい傾向があります。効率的な脚痩せをするためには、最初の方法決定が重要です。セルライトのために脚が太く見えるのか、むくみや脂肪のためなのか、筋肉のためかによって方法が変わってきます。

脚太りの原因と対策 - 脚痩せの方法をタイプ別に実践する

脚を組む女性

脚痩せが簡単でない理由は明確です。タイプが色々あって、自分がどのタイプなのかを認識し脚やせをタイプ別に実践することが、脚太りの原因は様々あるので必要となります。このタイプ別脚やせ法ができれば、それだけで脚やせは簡単なものになるのです。

水太りのために脚が太く見えるタイプ

水太りのために脚が太く見えるのなら、血流を促進することで脚痩せが可能です。血行不良の改善に効果的な脚痩せの方法として、ストレッチやデトックス効果もある半身浴などがお勧めです。あるいは、リンパマッサージを風呂で行う習慣をつけるといいでしょう。

加熱した温野菜やホットドリンクで体を内部から温める習慣を持つことで、体を冷やす機会が減って脚痩せにいいかもしれません。

オーバーカロリータイプ

油ものやアルコール、糖分などを取り入れる機会が多くオーバーカロリー気味な方は脂肪による脚太りになることが多いので、食べ過ぎや飲み過ぎをしないようにしてください。

脂肪太りタイプ

また、脂肪太りの脚痩せに有効な方法としては、脂肪がよく燃えるような脚をよく使うスクワットやマッサージもいいでしょう。

筋肉タイプ

筋肉によって脚が太いという方は、脚痩せのストレッチやマッサージで筋肉がこれ以上ごつくならないようにする必要があります。

セルライトタイプ

セルライトと呼ばれる物質が脚に蓄積されたために太く見える場合もありますが、むくみ解消によってまず脂肪細胞のサイズダウンをはかります。自己流の処置ではセルライト対策は困難ですので、運動やストレッチやリンパマッサージなどでセルライト除去にに励む一方、プロの施術も考えていいかもしれません。

脚痩せ方法として、エステを活用するというやり方もあります。エステではマッサージでのセルライト除去コースなども存在しています。

脚痩せには即効性の方法はあまり無く、毎日の積み重ねが重要だとされています。自分の脚太りのタイプを知り、無理のない脚痩せ方法を実現しましょう。

ふくらはぎを細くする方法

ふくらはぎ太りの様々な原因

ふくらはぎ痩せを目指す方も多いですが、ふくらはぎ痩せを諦めてしまっている方も大勢いるようです。それは、どうしてふくらはぎが太く見えるのかが解明できていないことがネックとなっているのです。原因がわからなければ、痩せさせることもできはしないでしょう。単にその部分に脂肪がついているから、ふくらはぎが太く見えるという話ではありません。

どのような要因でふくらはぎが太く見えるか分かっていなければ痩せさせることは困難ですので、まずは太い理由を模索してください。

食べ過ぎ

過剰な脂肪でふくらはぎが太くなっているタイプがあります。食べ過ぎが原因でふくらはぎが太くなっている事が多いようです。

筋肉がない

または、ふくらはぎの筋肉を鍛える機会が少ないために、脂肪が蓄積されていることがあります。筋肉がないために、その部分に脂肪がついてふくらはぎがますます太くなるという仕組みです。

筋肉の付きすぎ

ふくらはぎのまわりにたっぷりと筋肉がついているために、太さが強調されているという方も存在します。筋肉質なふくらはぎになっています。運動ではふくらはぎは太くなるばかりで、痩せるには筋肉を弱める必要があります。

むくみ

むくみで水太りするタイプもあります。むくみやすい人や冷え性の人は、なりやすい傾向があります。むくみが原因のタイプの人にはセルライトが多いようです。セルライトを改善しない限りはふくらはぎは痩せません。

O脚

O脚気味の人は、その影響がふくらはぎに出ていることがあります。脚が外側に開いていると、ふくらはぎが太くなるようです。ふくらはぎの太い理由を解明しなければ、ふくらはぎが痩せる方策を見つけ出すことはできないのです。

ふくらはぎを細くする方法

私のまわりにも、全身の血流を改善し脂肪を代謝しやすくするストレッチで、ふくらはぎを痩せさせ、引き締まった脚首になろうと目論んでいる方は多いようです。

ふくらはぎ痩せストレッチ

ふくらはぎ痩せストレッチでは、直立姿勢で片脚を20センチほど前に出し、つま先を浮かせる姿勢を取ります。つま先を浮かせたまま、上半身をゆっくりと倒していきます。この姿勢をするとふくらはぎがピンと伸びるので、10秒数え、脚を左右変えます。

ふくらはぎストレッチは、特に立った姿勢で長時間いることが多いという方が、直前と直後に取り組むといいでしょう。ただし、ふくらはぎストレッチは、2、3日でふくらはぎが痩せるわけではありません。長期間継続して、ストレッチをしてこそ徐々にふくらはぎが痩せる効果が現れるものなので、諦めずに続けましょう。

ふくらはぎ痩せマッサージ

ふくらはぎの血の巡りを良くしてむくみをなくすには、ふくらはぎを念入りにマッサージすることもいいでしょう。ふくらはぎ痩せのマッサージは、難しく考えなくても大丈夫です。むくみ除去、血行促進には、とにかくふくらはぎにマッサージを施せばいいのです。

何となくでやっていても、ふくらはぎが楽になるマッサージは見つかります。マッサージをして、ふくらはぎが熱を持つ様になれば、痩せる効果が出てきているといえます。キュッとくびれたふくらはぎになるためにも、リラックス効果も兼ねたふくらはぎマッサージでふくらはぎ痩せを達成してください。

効率的にふくらはぎを細くする方法

「いろいろやっているんだけど、なかなか細くならないのよね〜」というお悩みがおおいようです。効率的にふくらはぎを細くする方法はどういったものでしょう。ふくらはぎが余分な脂肪の為に太くなっている場合があります。脂肪が原因の場合は、ふくらはぎの筋肉を鍛えて痩せさせる筋力トレーニングが効果的です。

ふくらはぎは本来、他の部分に比べて筋肉が付き痩せやすい部分です。ふくらはぎは歩くだけでも鍛えられ、特に筋力トレーニングを課さなくても、自然と筋肉がつき痩せるものです。

体質的に筋肉が増えづらい方は?

体質的に筋肉が増えづらい方や運動をほとんどしないという方は、ふくらはぎを鍛える運動やトレーニングにまずは取り組んでみましょう。

ふくらはぎに蓄積されている脂肪を燃やすには、代謝をアップさせる必要があります。そのために必要なのが運動によって増やせるふくらはぎの筋肉です。

手軽なふくらはぎの筋トレには、かかとを上げてふくらはぎの筋肉に負荷をかけるという方法があります。立ち仕事をしている時や食器洗いをしている最中など、1セット20回を目安にかかとの上げ下ろしをすると運動になります。

より筋肉を鍛えたいと思われる方は、片脚でかかとの上げ下げをすると運動効果がより高くなるでしょう。ふくらはぎにかかる負荷が両脚に比べて大きくなるので、慣れる迄は無理をしないようにしましょう。

ふくらはぎの運動になる動作は、この他にも色々あります。椅子に座って片脚を持ち上げ、脚首を片手で、もう片手でつまさきを握ります。脚首を片手で固定し、つまさきをを掴む手を動かして脚全体を右に30回まわし、反対の脚も同様に回すという運動です。体操による痩せ方は入浴後、ふくらはぎの筋肉がリラックスしている時に、毎日の習慣として続けることで効果が期待できます。

カテゴリー

beauty

mens

eat

diary