Statement

Now where am I now and what place do I belong to?

My creative inspiration is motived by the concept of ubiety- which is the quality or state of being in a place. Where am I now and what place do I belong to? It is said that creativity is one of the ways to confirm one’s existence. For me, it is the way to confirm my ubiety.

My interest in this concept is rooted in an experience I had as a child. My father’s business brought my family to a village close to a jungle in Borneo, Malaysia. I lived in this place until I was 4 years old. At that time, my mother and I decided to move back to Japan, and we would say over and over the phrase “let’s go back to Japan!” The expression sounded fascinating and hopeful to me. I believed I had another ‘home town’ that I belonged to. I was excited to go “home,” but when I arrived it was a shock to discover that my other “home,” Japan, was a totally unfamiliar and strange place. The language, customs, environment- everything- was strange.

My history of moving continued because of father’s job. I started to record the regions, addresses, and names of our apartments in my daily journal to preserve my memories of where I had lived. If I didn’t do this, I would always feel lost, and this feeling of ‘belonging to nowhere’ is always reflected in my work.

Most of my works are installed at the site to encourage viewers to recognize the character of that place. My site-specific installations and my ongoing Lat/Long series are based on histories of the region, catalogues of daily life, and communications with the inhabitants of that region. With every piece, I become deeply involved with the community in order to capture the essence of the place where I will be installing the work. My process is one of familiarizing myself with an unfamiliar community’s identity, and also reconfirming the identity of my own communities. Through my process I become a part of the community, and the place becomes somewhere that I belong. It is the way I discover the place that I belong to.

The desire to understand one’s ubiety is universal. Where was I born? Where have I been, and where will I die? I would like to encourage us to recognize that our ubiety is limited on the earth.

私にとって作品を作る事は、私自身の所在を探る行為ともいえます。私のこの「所在」というテーマに対しての興味は幼い頃の経験を通して育まれました。私たち家族は父の仕事の都合により、私が生後6ヶ月の時に、ジャングルにほど近いマレーシアのボルネオに引っ越し、私はそこで4歳まで育ちました。幼稚園に上がる頃、母と私は日本に帰国することになりました。その頃家でよく交わされていた「日本に帰ろう」という言葉は、「私には帰る所があるんだ」という、魅惑的で希望に満ちた感覚を誘うものでした。私は心躍らせて帰国したのを記憶していますが、大変ショックな事に、帰ってきたはずの場所/日本は私にとって、まったく馴染みのない見知らぬ土地でしかありませんでした。言葉、習慣、環境、友達、どれをとっても私の知らない場所でした。そしてその後も私たち一家の転勤は続きました。私は日記に住んでいるアパートの名前や地域の地名を毎日印すようになりました。それは自分が今どこに居るのか、これからどこへ行くのか、常に自分の居場所を確認していなければ時間がどんどん流れ記憶が交錯し、すべてを忘れてしまうのではないか、という思いからの行動でした。その時に感じていた「所在なさ」が今の私の作品に影響を及ぼしていると思います。

 多くの私の作品は、場所の歴史や特徴からインスピレーションを得て作られています。色々な場所でのサイトスペシフィックなインスタレーションと現在進行中のLat/Longシリーズでは、作品を置く場所の本質を知りたいという気持ちからコミュニティーとできるだけ深く関わり制作しています。このような私の制作行程は、その地域について考えるものであり、関わる人たちに彼らの所在を問うものであり、彼らのアイデンティティーの再認識をうながすもののように見えますが、実は裏を返せば私自身が今どこに居るのかを私がしっかりと把握するための方法なのかもしれません。作品を通して会話をする相手からの言葉、反応、作品制作が終わった後も続く私達のかかわり合いや共有した記憶は私を確実にそこに存在させてくれます。しかしこの「自分の所在」を感じたい、理解したいという思いは、人にとって普遍的な感覚なのではないかと思います。2013年からは、”One’s ubiety ある人の所在“という、私以外の誰かの「所在」を「あなたの人生において大切(重要)な場所はどこですか?」という問いを通してアーカイブしていく長期プロジェクトを手がけています。

 大多数の人が、私はどこで生まれた?どこに住まう?そしてどこで死ぬ?とうい問いを人生を通して自分に投げかけているのではないかと思います。ただしかし、私たちはこの限られた地球上にしか存在し得ません。私はこの事を常に忘れずに、作品を通じての地球上の様々な場所と人との出会いを大切にし、制作していきたいと思っています。


↑ page top
← back